So-net無料ブログ作成
検索選択

愛犬の関節痛みを解決する方法【毎日散歩】 [毎日散歩の効果など]

愛犬の関節が痛くてもなかなか教えてくれない

人の様に医師の言うことを聞いて「リハビリ」してくれれば、愛犬も自分で関節のを治すことができます。

だから愛犬の様子は飼い主さんがしっかり見てあげるしかありません、犬の関節障害はほおって置くと、悪いスパイラルに突入して、悪化させてしまいます。

「おや?」って思ったら、犬用サプリメントです。

⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】


愛犬の様子が以前と比べれ「歩き方に違和感」「段差が辛そう」「走らなくなる」などの症状を出してたら黄色信号関節を労わっています!!

愛犬関節【悪いスパイラル】とは?

1関節に体重や運動負担が掛かると「関節内の軟骨」に負担が掛かり消耗していきます。老化が原因で消費する事が有ります。
2軟骨の消耗してくると「骨と骨」が触れ合いだします。 骨が削れたり、関節が炎症を起こして、関節が痛くなります。
3関節が痛くなると、立ち上がったり運動全般が嫌になります。
4運動量が落ちても、同じ量の食事を与えてると、脂肪が付きやすくなる。
5脂肪が付くと筋力が落ちて、体重は増えていきます。
6体重が増えると、さらに関節に負担を掛けてしまいます。→1へ

この様に愛犬の関節痛って、人が関節を痛めるのとはわけが違います。

毎日散歩サプリメントは、殆どの犬達が好む「チキン味」なので口付きは、お墨付きです。

そして気になる成分や効果は、関節の痛みを押さえ、軟骨の修復を目指し、周囲筋力をアップさせます。

関節の痛みが完治したら、愛犬の体重には気をつけて行きましょう♪

⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

毎日散歩の気になる成分【犬用関節痛サプリ】 [毎日散歩の効果など]

愛犬の関節をケアや回復を目的とるサプリメント【毎日散歩】にはグルコサミンと言う成分とイミダゾールペプチドと言う成分が主成分だそうです。 この二つの主成分の特徴や効果ってどの様な物なのだろう。

関節を修復する目的のグルコサミン
毎日散歩にはグルコサミンが含まれています。 グルコサミンは磨り減ってしまった関節内の「軟骨」を修復させる目的で配合されています。 そして軟骨を強くして磨り減るのを防ぐ働きもあるらしいです。

魚や動物のムコ多糖類や、カニの甲羅(こうら)やエビの殻(から)など甲殻類(こうかくるい)の表面の硬い部分の構成の為にもグルコサミンは含まれてるそうです。

愛犬の老化によって、消耗してしまった軟骨を修復させる働き、そして新しい軟骨の生成を促進する働きがあるそうです。

⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】


関節を支える筋肉の為にイミダゾールペプチド
毎日散歩に配合されているイミダゾールジペプチドは、肉体疲労や精神疲労の回復に適してるされており、長時間飛行しづつける「渡り鳥」のパワーの源とされています。

人間や動物は「細胞内」でエネルギー作りそれを基に筋肉を動かし運動を繰り返しますが、運動を続けると活性酸素による酸化が起きる事で、エネルギー生産能力を低下させてしまいます。

疲れたときに感じる「休みたい」や「だるい」や「気力が出ない」などの感覚は、実は酸化ストレスによってエネルギーの生産量が不足したために感じるそうです。

この活性酸素を除去する効果が有るとされてるのがイミダゾールジペプチドです。 愛犬の関節を支える筋肉を強化する事で強い関節にする事が出来ます。



⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

愛犬の関節の痛みと負のスパイラル改善【サプリメント】 [ペットの関節と健康寿命など]

関節はペットの体重を支えているので、痛めてしまうと「負のスパイラル」に突入してしまう。

ペットが関節を痛めたら「痛み対策」対策と「関節治療」の両方を同時に行わないと上手く行きません。

ペットの関節負のスパイラルとは。
ペットは人間の様に松葉づえを使ったり、お医者さんの指示に従って「安静」にする事ができません。 ほって置くとどんどん悪くして行きます。

①関節が障害を起こす
軟骨を傷つけて、骨と骨がぶつかりやすく関節が痛み始め、自分の体重を支えるのが困難になる。

②活動量(運動量)が少なくなります。
関節が痛いから、ペットは動く事が面倒になります。

④エネルギー消費量が低下して行きます
運動量が減るので、カロリー消費が少なくなり脂肪燃焼も減ってきます。

⑤体重が増えて重くなります
食べる量が同じで消費カロリーが減るので、ペットは肥満化し体重が増えます。
運動しないのでその分筋力も落ち始めます。 そして①にもどりスパイラルは加速します。

⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】


ペット犬に多い変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)、になると軟骨が傷つき、骨と骨が直接ぶつかる為、炎症を起こしたり関節痛になります。

関節炎の治療は
①現状の痛みを軽減します。
運動不足を少しでも解消して、全身の筋力を上げてキープしないと、関節が治っても動けない犬になってしまいます。 痛みを軽減しリハビリ運動をさせます。

②不足してしまった関節の軟骨を治療
軟骨再生に良いとされてる「サプリメント」や「薬」を使って、すり減った軟骨を正常な状態に近付けていきます。

③減量して体重を軽くする
関節症になる原因は老化も有りますが、体重が重い事も原因です。 治療が終わった後に再発しない様に、体重を軽くします。


日頃化できる関節疾患の予防

①太らないよう注意する。
肥満による筋力低下や体重増加は関節に負担を掛けます。ペットが欲しがっても飼い主さんで適量を管理して与え過ぎない様にしましょう。

②無理な運動はさせない様にしましょう
若いうちは好きなように遊ばせていいですが、5歳を過ぎたら無理させては関節の怪我の元、ペットも人間と同じで「気持が若い」事が有ります。

③食事に気を付ける(シニアフードなど)
5歳を過ぎたら、与える物の見直しは必要、食べさせ過ぎない様にしていきましょう。そしてシニアの犬には、カロリー低めで乳酸菌など腸の調子をよくする成分が入ってるシニア様のフードに切り替えていきましょう。

⇒ 毎日散歩は詳しくは公式ぺージで









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

愛犬関節予防に毎日散歩で!!【サプリメント】 [毎日散歩の効果など]

愛犬の調子が悪い元気がない気がする。 実は関節が弱ってる事が有ります。犬って関節を痛める処から運動不足が始まり健康を害する事が有ります。

愛犬の関節ケアは大切だから、毎日散歩がおススメです!!
毎日散歩は「チキン味」で愛犬がとても食べやすいサプリメントです「筋肉成分」と「軟骨成分」のダブルパワーでしっかり関節をケアして行きます。 関節だけでなくカラダ全体の健康管理になって行きます。


⇒ 毎日散歩は無添加サプリメント詳しくは



愛犬の「こんなしぐさ」は、関節が痛いのかも… 関節疾患(かんせつしっかん)のサインかもしれません。
・最近ぐったりした感じ、歩く時も下を向いている ・関節が硬くて曲げるのが辛そう ・階段など「段差」を歩くのが辛そう ・立ち上がるのに、時間が掛る様になった ・走りたがらなくなった ・患肢(うれいあし)や脊髄(せきずい)を気にしてる様子、飼い主さんが触ろうとするとそれも嫌がる
・機嫌が悪かったり、食欲が無くなったりする

愛犬の「健康寿命」はとても気になります。元気なペットと何時までも一緒に暮らしたい。だから愛犬からのサインを見逃さずにケアする事って大切だと思います。


犬たちは人間より早く老化して行きます。

愛犬が5歳を過ぎたら関節の事を気にして上げましょう。日々のチェックが健康寿命を伸ばしてくれます。

実は「小さい犬」より「大きい犬」の方が老化が早く、小さい犬で10歳前後、大きい犬で7歳前後で老化が始まるそうです。

筋力を維持する事
適度な運動をさせてあげる事
肥満を防止する事
そして関節や軟骨の維持をしっかりケアしてあげる事で、長く元気で居られます。

「筋肉成分」「軟骨成分」「関節成分」が毎日散歩には、しっかり入ってます。



⇒ 毎日散歩は無添加サプリメントです詳しくはこちら








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

愛犬の変形性関節症【愛犬の関節痛】 [ペットの関節と健康寿命など]

犬の関節疾患(関節の病気)のなかでも変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)は、」は、骨を変形させ痛みも伴う辛い病気です。 関節内の軟骨(なんこつ)がすり減る事で少なくなっていきます。

関節の軟骨とは?
軟骨とは関節の中に有る2つ以上の骨と骨の間にクッションの様に存在で、関節が伸びたり曲がったりした時に、固い骨同士がぶつからない役目をしています。

この軟骨が少なくなって行くと、関節内の骨同士がぶつかる様になり、骨が削れたり炎症による痛みが出てきます。


変形性関節症の原因は
老化によって軟骨が弱くなり、自分の体重で軟骨を押しつぶしてしまいます。 稀に他の病気が原因で関節炎を発症する事があります。

体重の軽い小型犬にくらべ体重の重い大型犬の方が関節症になりやすいです。

筋肉成分×軟骨成分で愛犬の走りをサポート【毎日散歩】



※変形性関節症を起こしやすいのは体重の重い大型犬に多い
「ニューファンドランド」「バーニーズマウンテンドッグ」「ゴールデンレトリーバー」「フラットコーデットレトリーバー」「ラブラドールレトリーバー」「ロットワイラー」「ジャーマンシェパード」など大きい犬を飼ってる飼い主さんは気がかりですね。


痛みが有るので「しぐさ」で気付ける
変形性関節症になった犬は、関節が痛いのでしぐさに現れます。 
①愛犬の歩き方が今までと比べておかしい
②関節の事を気にして自分で舐めてたりする
③散歩など運動をした後、しばらく動きたがらない
④急に食欲が低下するしてしまう
⑤イライラして性格が変貌し、飼い主さんにも強く当ったりします。

⇒ 毎日散歩は無添加サプリメントです詳しくはこちら








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。