So-net無料ブログ作成
検索選択

愛犬の変形性関節症【愛犬の関節痛】 [ペットの関節と健康寿命など]

犬の関節疾患(関節の病気)のなかでも変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)は、」は、骨を変形させ痛みも伴う辛い病気です。 関節内の軟骨(なんこつ)がすり減る事で少なくなっていきます。

関節の軟骨とは?
軟骨とは関節の中に有る2つ以上の骨と骨の間にクッションの様に存在で、関節が伸びたり曲がったりした時に、固い骨同士がぶつからない役目をしています。

この軟骨が少なくなって行くと、関節内の骨同士がぶつかる様になり、骨が削れたり炎症による痛みが出てきます。


変形性関節症の原因は
老化によって軟骨が弱くなり、自分の体重で軟骨を押しつぶしてしまいます。 稀に他の病気が原因で関節炎を発症する事があります。

体重の軽い小型犬にくらべ体重の重い大型犬の方が関節症になりやすいです。

筋肉成分×軟骨成分で愛犬の走りをサポート【毎日散歩】



※変形性関節症を起こしやすいのは体重の重い大型犬に多い
「ニューファンドランド」「バーニーズマウンテンドッグ」「ゴールデンレトリーバー」「フラットコーデットレトリーバー」「ラブラドールレトリーバー」「ロットワイラー」「ジャーマンシェパード」など大きい犬を飼ってる飼い主さんは気がかりですね。


痛みが有るので「しぐさ」で気付ける
変形性関節症になった犬は、関節が痛いのでしぐさに現れます。 
①愛犬の歩き方が今までと比べておかしい
②関節の事を気にして自分で舐めてたりする
③散歩など運動をした後、しばらく動きたがらない
④急に食欲が低下するしてしまう
⑤イライラして性格が変貌し、飼い主さんにも強く当ったりします。

⇒ 毎日散歩は無添加サプリメントです詳しくはこちら








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。