So-net無料ブログ作成
検索選択

愛犬の関節の痛みと負のスパイラル改善【サプリメント】 [ペットの関節と健康寿命など]

関節はペットの体重を支えているので、痛めてしまうと「負のスパイラル」に突入してしまう。

ペットが関節を痛めたら「痛み対策」対策と「関節治療」の両方を同時に行わないと上手く行きません。

ペットの関節負のスパイラルとは。
ペットは人間の様に松葉づえを使ったり、お医者さんの指示に従って「安静」にする事ができません。 ほって置くとどんどん悪くして行きます。

①関節が障害を起こす
軟骨を傷つけて、骨と骨がぶつかりやすく関節が痛み始め、自分の体重を支えるのが困難になる。

②活動量(運動量)が少なくなります。
関節が痛いから、ペットは動く事が面倒になります。

④エネルギー消費量が低下して行きます
運動量が減るので、カロリー消費が少なくなり脂肪燃焼も減ってきます。

⑤体重が増えて重くなります
食べる量が同じで消費カロリーが減るので、ペットは肥満化し体重が増えます。
運動しないのでその分筋力も落ち始めます。 そして①にもどりスパイラルは加速します。

⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】


ペット犬に多い変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)、になると軟骨が傷つき、骨と骨が直接ぶつかる為、炎症を起こしたり関節痛になります。

関節炎の治療は
①現状の痛みを軽減します。
運動不足を少しでも解消して、全身の筋力を上げてキープしないと、関節が治っても動けない犬になってしまいます。 痛みを軽減しリハビリ運動をさせます。

②不足してしまった関節の軟骨を治療
軟骨再生に良いとされてる「サプリメント」や「薬」を使って、すり減った軟骨を正常な状態に近付けていきます。

③減量して体重を軽くする
関節症になる原因は老化も有りますが、体重が重い事も原因です。 治療が終わった後に再発しない様に、体重を軽くします。


日頃化できる関節疾患の予防

①太らないよう注意する。
肥満による筋力低下や体重増加は関節に負担を掛けます。ペットが欲しがっても飼い主さんで適量を管理して与え過ぎない様にしましょう。

②無理な運動はさせない様にしましょう
若いうちは好きなように遊ばせていいですが、5歳を過ぎたら無理させては関節の怪我の元、ペットも人間と同じで「気持が若い」事が有ります。

③食事に気を付ける(シニアフードなど)
5歳を過ぎたら、与える物の見直しは必要、食べさせ過ぎない様にしていきましょう。そしてシニアの犬には、カロリー低めで乳酸菌など腸の調子をよくする成分が入ってるシニア様のフードに切り替えていきましょう。

⇒ 毎日散歩は詳しくは公式ぺージで









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。